変形性膝関節症 原因

スポンサードリンク

変形性膝関節症ってどんな病気

変形性膝関節症に悩む方が増えていることをご存知でしょうか?
変形性膝関節症という病名をあまり聞いたことがない方も多いと思います。

 

 

変形性膝関節症とは、膝の関節軟骨の変形や摩耗が生じてしまった後に、
本来行われるべき軟骨や骨の再生が出来なかったり、
再生しても変形して再生してしまったりするために膝に痛みを生じてしまうという病気です。

 

膝は軟骨がクッション代わりとなって、様々な衝撃から守ってくれています。
膝の関節にはこの軟骨がかなりの部分を覆っているのですが、そのクッションの役割をしている軟骨が
変形性膝関節症によって磨り減ってしまうと今まで痛みを感じなかった衝撃にも痛みを感じてしまうようになってしまうのです。

変形性膝関節症になる原因

変形性膝関節症になる原因としては
栄養不足や老化に伴う筋力不足や運動不足。
また、肥満などによる膝への過度な負担が長年続くことが原因でもあるそうです。

 

 

男女別に見ると女性ホルモンの関係で、骨粗鬆症が多い女性に多く見られるようです。
先ほども書いたように老化(加齢)によって症状が出るケースも多いため、高齢者に多く見られる病気なのです。
さらに、肥満体型の方や、長年激しいスポーツを行なってきた方などにも多く見られます。

 

変形性膝関節症は一度発症してしまうと完治は難しく、症状を多少改善させたり、進行を遅らせたりという方法が一般的です。
ですから出来るだけ症状が出る前から気を付けたいところではあります。

 

膝の痛み、膝の屈伸に支障が出る、関節が太くなる、O脚になるなどの自覚症状があります。
膝になにか大きな負担がないのに、これらの自覚症状があった場合には変形性膝関節症かもしれません。

変形性膝関節症ってどんな病気?原因は?関連ページ

変形性膝関節症の治療方法って
変形性膝関節症の治療方法にはどんなものがあるのでしょうか?変形性膝関節症の治療方法について説明しています。
変形性膝関節症を手術で治療する
変形性膝関節症は症状が進行している場合は手術で治療する可能性もあります。変形性膝関節症の手術についての説明です。