変形性膝関節症 治療方法

スポンサードリンク

変形性膝関節症の治療方法って

変形性膝関節症の治療は、どのようなものがあるでしょうか?

 

一般的には、変形性膝関節症になると、完治は難しいと言われています。

 

まずは、比較的軽い段階変形性膝関節症の症状が見られた場合には、日常的な生活改善の指導が行われます。
例えば、激しいスポーツをしている人であれば、そのスポーツを中断する。
肥満が原因と考えられる場合にはダイエットを行うことで膝への負担をできるだけ軽減するようにする。
また栄養バランスが悪く変形性膝関節症の症状がある場合には栄養のバランスのある食事への改善を勧められます。
また、出来るだけ膝に負担をかけない生活をすること(たとえば正座をしないで椅子を利用するなど)についての指導が行われると思います。

 

ただし、軽い段階の場合でも完治することは難しく、それ以外にも治療が必要となります。
変形性膝関節症の治療法は、主に2つに分かれています。

 

一つは、「症状を進行させないための治療」です。
内服薬・外用薬・注射などの薬物療法、
筋力向上のための運動療法(リハビリテーション)
血行を良くして痛みを緩和する温熱療法
サポーターなどの器具装着による保護などによる治療があります。
これらは診察を受けた病院によって変わるようです。

 

 

 

さらに症状が悪化していたり、積極的な改善を求める場合には、手術という方法がとられる場合もあります。
関節鏡を使う手術、人工関節を入れる手術など、変形性膝関節症の具体的な症状や状態によって手術方法もいくつかの手法に分かれます。

 

これら手術も受診した病院によって変わりますし、自分に最適な方法の手術を医師とよく相談して受けるようにしたいものです。
変形性膝関節症の手術を行った場合には、術後、長い間動けない状態となることがほとんどのようですので、現在の仕事や家庭環境などによって
受けたくても受けられないこともあるでしょうし、また、高齢者の方は、痴呆などの症状が進んでしまう可能性もあります。

 

変形性膝関節症で手術を受ける場合には手術を受けた後のこともよく考え決めることが重要になります。

変形性膝関節症の治療方法って関連ページ

変形性膝関節症ってどんな病気?原因は?
変形性膝関節症についての概要や原因についてまとめています。
変形性膝関節症を手術で治療する
変形性膝関節症は症状が進行している場合は手術で治療する可能性もあります。変形性膝関節症の手術についての説明です。