膝の痛み 対処法

スポンサードリンク

自分でできる膝の痛み対処法

水分補給量を毎日気をつける

 

膝の軟骨が磨り減ることにより、膝の痛みが発生することが多い膝痛。
磨り減ってしまう軟骨の成分の約8割ぐらいは水分で出来ています。

加齢とともにお肌の乾燥が気になると毎日保湿をしてお肌に水分を与えていると思います。お肌が乾燥するのと同じように、軟骨も水分が不足するともろくなってしまい、磨り減ってしまうのです。そこで、膝にも水分を補給してあげる必要があります。

 

膝に水分を補給してあげる?といっても特別なことをするわけではなく、1日の水分補給量(水を飲む量)を見直してみるだけでいいのです。1日の水分補給量の目安としては、2リットルを目標にしてみてください。

 

水分をたくさん摂ることで、体内の老廃物をスムーズにに体外に排出する作用もあります。膝の痛みは、冷えを改善することで緩和出来るとも言われていて、体内の老廃物がスムーズに排出されると、身体の代謝がよくなり、冷えの改善にもなります。

 

また、血液循環も良くなって、栄養素がたくさん膝に運ばれ、磨り減ってしまった軟骨も修復されやすくなるのです。

 

毎日水分量をちょっと気をつけるだけで、膝の痛みが緩和されるかもしれません。
2リットルを目標に水分補給してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

膝の痛みに良いといわれているサプリメントで栄養を補ってあげる

 

昨今膝の痛みに効果があると言われているサプリメントが大変人気があります。
TVのCMでもよくみかけますよね。膝の痛みに効果があると言われているサプリメントは膝の関節成分を補って痛みの原因である軟骨のすり減りを緩和してくれます。代表的な成分がグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがあります。特にグルコサミンとコンドロイチンは膝痛の対処には人気のサプリメントです。

 

⇒膝の痛み改善に人気サプリメントはこちら

 

 

 

膝を冷やさないようにする

 

水分補給量を増やして代謝を上げ冷えの改善をすることもありますが、また、身体の代謝を上げる食べ物を摂取することも冷えの改善につながります。身体の中からだけではなく、外からも冷えの改善をするために工夫が必要です。サポーターで膝を温めてあげたり、足首を冷やさないようにカイロを貼ったり、気が付いた時に足首を動かすなどして冷やさないようにしましょう。

 

 

 

膝のマッサージをする

 

指で膝のお皿の周りをマッサージするのも効果があると言われています。浴槽の中や入浴後など血行が良い状態で行うのが良いようです。きつく押せば良いというものではありませんから、あくまでもマッサージの感覚で行うようにしてください。簡単にできる膝の痛みに効果のあるストレッチを自分で行ってみるのも良い方法です。