膝の痛み ダイエット

スポンサードリンク

膝の痛み解消にはダイエットが必要?

膝は加齢によって軟骨が磨り減る、筋力が低下することで、膝に大きな負担をかけています。
さらに体重が増えればその分膝に痛みを感じることは多くなると思います。

 

そこで、ダイエットを行うことによって少しでも膝の痛みを和らげることができるのではないでしょうか?
当然ですが体重が増えれば増えるほど、膝への負担も大きくなるので、できるだけダイエットをすることで膝の痛みは軽減されます。
体重が1キロ増加すると、普通に歩くだけで3キロ以上の負担が膝にかかり、階段を昇り降りする際には6キロ以上の負担が膝にかかるといわれています。
そう考えると、やはり、膝の痛みを改善するには、ダイエットが効果的なのではないでしょうか。

ただ、ダイエットをするにも注意することがあります。
たとえば膝に痛みがあるからといって運動をし始めたら余計に膝が痛くなった、という方もいます。
もちろんダイエットには運動は必要ですが、膝が痛くて運動を、と考えているなら、水中ウォーキングなどの膝に負担のかからない運動をするのがいいでしょう。
もしくは、運動する前に予め膝にテーピングやサポーターなどをして、膝への負担をなるべく軽減するようにしましょう。

 

また適度な運動と併せて食事制限も大切です。
ただ、食事制限とは言っても、単純に食事の量を減らすだけでなく、栄養のバランスにもこだわってみることをおすすめします.

 

食事の量を減らしたダイエットはリバウンドになりやすいですし、また食事を減らした急激なダイエットは体に悪影響を与えやすと言われています。

 

無添加の酵素ドリンクなどを使って栄養をしっかり補いながらダイエットをしてみることをおススメします。

 

 

膝の痛みを改善するための栄養バランス

栄養のバランスを考える

 

これは膝の痛みに限った話ではありませんが、ダイエットするときの食事の基本です。
無理なダイエットは膝の痛みを増加させてしまう原因にもなりかねません。

 

 

トランス脂肪酸を含む食品の摂取を控える

 

膝の痛みの原因である炎症をトランス脂肪酸が助長し痛み増す原因となります。
また、トランス脂肪酸を含む食品はそもそもダイエットの敵。
できるだけ摂取しないようにしましょう。

 

⇒トランス脂肪酸を含む食品とは(allabout)

 

青魚を食べる

 

サケ、サバ、いわし、さんま、など青魚に含まれているオメガ3脂肪酸は
炎症を軽減する働きがあります。魚を食べるときには青魚を積極的に摂取しましょう。

 

 

しょうが、ターメリックを食べる

 

しょうが、ターメリックにも炎症を軽減する働きがあります。
身体を暖める効果もああります。

 

 

グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などを摂取する

 

グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロンサンは
膝の痛みを緩和させるサプリメントとして最近では広く知られています。
上手に摂取することで痛みの緩和を助けてくれます。

 

⇒グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロンサンの詳しい説明はこちら