膝の痛み どこへ

スポンサードリンク

膝が痛いときは病院、鍼灸、整体どこへいけばいいの?

膝が痛くて自分ではどうしようも無くなった時は、病院に行く、整体に行く、鍼灸院に行く、接骨院に行くなどたくさんの選択肢があります。

 

整体、接骨院は指圧やマッサージによってツボを刺激し血行を促進させて膝の痛みを緩和していくという方法です。
鍼灸院の場合にも同様に、鍼を刺すことで筋肉の緊張をほぐして血行を促進させて痛みを緩和させる方法です。

 

ただし、整体、接骨院、鍼灸院などの場合は一時的に今起こっている痛みを緩和することは出来ますが、膝の痛みそのものを解消する根本的な治療ではありません。
ですから定期的に通院する必要がありますし、効果にも個人差があるようです。

 

病院の場合でも膝の痛みを緩和するいろいろな方法があります。いちばん即効性があるものは鎮痛剤を注射する方法です。膝の関節に直接鎮痛剤を注射するのでほぼ確実に痛みが緩和できます。ただし、鎮痛剤を注射しているだけなので、薬の効果が切れた時にはまた痛み出します。これも根治させる方法ではないので何度も通院する必要があります。

 

膝の痛みの症状が重度になた場合には、最終的に手術する方法もあります。人工関節手術といわれる方法で変形した骨を削り、人工関節を入れる方法です。この手術を行えばかなりの確立で膝の痛みが良くなりますが、全員が100パーセント良くなるとは言い切れません。また、費用もそれなりにかかりますし、手術後のリハビリも必要です。手術は最終的な方法と考えたほうが良いと思います。