膝の痛み 水が溜まる

スポンサードリンク

膝に水が溜まったらどうする?

膝に水がたまるのはクセになるのは本当なの?

 

慢性的な膝の痛みを抱えている方の中には、膝に水が溜まり水を抜いてもまた水が溜まってしまった経験をお持ちの方もいると思います。
このような症状を繰り返し、膝に水がたまるのがクセになる、なんていう話も聞いたことがありますが、それは本当なのでしょうか?

 

膝に水が溜まると歩くのが困難であったり、膝を曲げたり出来ないので病院で水を抜いてもらうことになります。
この症状を経験した方は膝が腫れてしまい、本当につらい経験だと思います。
ですが、このつらい症状を改善しようと水を抜いても、抜いただけでは根本的に治っているわけではないのです。

 

膝に水が溜まるのは、膝に炎症が起こっている、もしくは、半月板や関節軟骨が傷ついていることが原因の可能性が高いです。
ですから膝に水が溜まるということは何らかの炎症が起きている訳なので、その炎症を無くさない限り何度でも水は溜まってしまうのです。

 

つまり、膝に水が溜まるのがクセになるのではなく、膝の炎症を根本的に治療しない限り水は何度でも溜まってしまうのです。膝の炎症が治れば、いままで何度も水が溜まって苦しんでいた膝も楽になることが多いようです。

 

ただし、炎症を治して根本的な治療をしても、まだ水が溜まってしまう場合は痛風やリウマチと言った病気の可能性もあるそうです。その場合は病院で検査をすることをおすすめします。