膝の痛み 湿布

スポンサードリンク

膝の痛みの湿布の選び方

膝の痛みの際に湿布を利用する人は多いのではないでしょうか?
湿布にも種類はたくさんありますのでどれを選べばよいかわからないという方のために湿布について簡単にまとめてみました。

 

湿布には大きく分けて、パップ剤とプラスター剤の二種類があります

パップ剤のパップとは泥状とか糊状という意味で、水分を多く含んでいる湿布のことです。
このパップ剤を患部に貼り、その際に水分が蒸発することで熱を奪い、冷やす効果があります。
また、水分は皮膚にも吸収され、そのときに薬の成分も一緒に吸収されるので冷やすだけでなくパップ剤に含まれる薬の成分の効果も期待できます。

 

パップ剤には、温湿布と冷湿布があります。
ハッカ、カンフル、メントールなどが配合されたものが冷湿布、トウガラシ成分が入ったものが温湿布です。

 

パップ剤のデメリットとしては、はがれやすいということが挙げられます。

 

 

プラスター剤は、水分を含まず、脂溶性の高分子の基材に、パップ剤に使われている成分と同じ薬剤が含まれています。

 

プラスター剤は水分を含まない分、パップ剤ほどの効果は得られないといわれています。
ただし、貼りやすくはがれにくいという特徴があるのがプラスター剤なので、慢性疾患などによく利用されています。

 

プラスター剤はほとんどは冷湿布です。

 

冷湿布と温湿布の使い分けは

冷湿布と温湿布をどのように使い分けすればよいかわからないという方もいらっしゃると思います。

 

冷湿布は捻挫とか打撲など、患部が熱を持っているときに使用してください。
冷やすことで血管が収縮し、炎症や痛みを抑えることができます。

 

 

温湿布は、慢性の症状の際に使用してください。
筋肉がこわばり、動かすと痛みがあるような膝の痛みのときは温湿布がよいと思います。
温めることで血管が拡張し、血液の循環がよくなり、関節の緊張が和らぎます。

 

ただ、どちらがいいかわからないという方の場合には簡単に使い分ける方法があります。
それはお風呂です。お風呂に入って痛みが楽になるような場合は温湿布、痛みが増すようなときは冷湿布と考えればよいでしょう。
それでもわからないときは、医師に診てもらうようにしましょう。

 

このように湿布にも種類、使い分けがあります。膝が痛いと思ったら、自分の症状を確認して、いちばん合った湿布を使うようにしてください。